データ入力の手順

データ入力の手順 データ入力は単純な作業ですが、ミスが多く発生することがあります。
品質とスピードの両立を考えると誰にでも簡単にできる仕事と安易に考えることは良くありません。
ではデータ入力において、失敗を少なくする手順を紹介しましょう。
初めにしなければいけないことは仕分けです。
内容を確認して分類しておくとかなり楽にデータ入力を行うことができます。
次に抜けが無いように数も確認しておくことも重要です。
そして失敗をなくすために一番重要なことはベリファイという作業になります。
これは二次入力のことで、違う入力者に同じデータ入力をさせて内容を比較し、間違いを見つける作業です。
もし間違いがある場合は原票ともう一度見直し訂正をします。
簡単な繰り返しの作業になるので、慣れている人間でもミスが発生することが一番の問題です。
慢心することなく面倒な作業だと思わず、依頼主に信頼してもらえるように慎重にチェックすることはとても大切です。

データ入力代行業者は情報を守るための規則を整備している

データ入力代行業者は情報を守るための規則を整備している データ入力は代行業者に任せる事ができますが、気になる点がデータの不適切利用や不適切管理です。
最近は個人情報の価値が高まり、これらの情報の不適切利用には大変厳しい社会です。

インターネットが発達して、個人情報の不適切利用が発覚した団体は簡単に拡散されて社会的信用を無くしてしまいます。

そうならない為に、データを代行業者に任せる場合には信用が有る業者に依頼する必要があります。

そこで確認したい事がデータ等の法令の趣旨の沿った管理規則をちゃんと構築しているかどうかです。

きちんとした業者であればこの「データ管理規則」を構築しているのでその規則が適正なものかを確認できます。

この際に適正なものを準備していないデータ入力業者は避けた方が良いです。後で大変なことになります。

ちゃんとしている会社はこの様なこともあるので値段が安くない場合が有りますが、あまりにも安い場合にはあとで問題になる場合があるので注意が必要です。