データ入力代行サービスを利用しようと考えたいる方に、こちらのサイトは役立ちます。
例えば、ファイル形式はどのようなものに対応しているのかや、精度はどのくらいなのかといった情報を記事にしています。
そのため、これまで利用したことがないけれど利用を検討している場合に閲覧することで利用するかどうかを考えることができます。
情報はもちろん無料で見られますし、調べてからの方が業者を選びやすくなるため、閲覧をおすすめします。

データ入力代行業者が扱えるファイルの形式

データ入力代行業者が扱えるファイルの形式 データ入力業者が扱うことのできるファイル形式は、とても多いです。
大体のファイル形式には対応しているので、目的にあわせて活用することができます。
WordやExcel、一太郎など、一般的に使われるものであれば対応してもらうことが可能です。
代行業者によって対応の程度は異なりますので、利用する前に調べるか聞いてみるのがポイントです。
データ入力業者はホームページで宣伝をしていますが、そこには対応可能なファイル形式の情報は当然載せています。
それを見て選べば、目的にかなった仕事をしてもらうことができます。
なかには一例のみを載せていてすべての情報載ってていないケースもありますので、そんな時は直接問い合せて確認してみましょう。

データ入力代行依頼後の納品データの拡張子

データ入力代行依頼後の納品データの拡張子 企業などにおいてデータ入力の作業が必要になる時があります。
例えば、商品について紙媒体でアンケートなどを取った時や、会員を募っているところでは、その会員登録書などもあります。
その他にも個人レベルでは名刺をデータベース化したい時も考えられます。
そのアンケートは不定期に行われることが多いですし、会員登録も日によって増減するでしょう。
また膨大な数になる場合もあるので、その度に社内の人員を充てるのは非効率となります。
そういう時にはデータ入力を代行してくれるところを活用すると効率がよくなります。
現在、データ入力を代行してくれる業者は沢山存在します。
そこへ依頼すると入力後のデータをパソコンで扱えるファイル形式にして納品してくれます。
ファイルはテキスト形式だけでなく、一般的に良く使われる文書作成ソフトや計算ソフトなどで使われる形式でも大丈夫です。
恐らく全てのデータ入力代行業者がこれらの形式をサポートしていると思いますが、他にも画像ファイルの形式を扱っている所もあります。
各業者のホームページなどを見れば、納品データ形式としてファイル形式を示す拡張子を一覧で紹介しているので、それを見れば、どの形式で入力してくれるかが分かります。

データ入力関連情報

資料のデータ入力代行サイト